白旗なあなあ日常

(文・笛木 森之助)

Vol.4

 何の話の続きでしたっけ? そうそう間伐作業の始まり始まりーッ。作業の手筈 は決められていないので、人其れ其れ。加えて、同一現場に同じ作業で入るこ とは二度とないので、数十年後の状況を想像しつつ、次の作業(間伐だと、木 寄せ、ブル集材)に支障のないよう作業するのが森之助流。

 この現場は風害で 地面に横倒しになったネギ(寝木?)がメッチャ多いので先ずはその処理か ら。採材できる部分は枝払いと玉切りし、残りは木寄せやブル集材で支障にな らない程度の枝払いと切断をして土に還って貰う。地面に埋もれ気味の場合も あるので、土を切らないよう気を付けているが、何度か地球を切るうちにソー チェーンの切れ味が鈍くなり、焦る気持ちは抑えて目立てする。

 次に、採材で きない雑木、支障木、枯損木を伐木して土に還す作業をし、漸く採材できる立 木を心置きなく伐倒できるようになったが、何処にでも倒せる訳ではない。一本 一本、木に相談しながら、材が重ならない方向に伐る。空隙がない場合は、根 元を大鳶で移動し易い方向に伐倒して掛かり木処理するか、無印の立木を余分 に伐倒して空けるかのどちらかを選択する。この方向しかないと決めて箭を打 ち、倒れ始めたのに途中で止ってしまうことがある。よーく見ると糸のように 細い蔓が隣木からピーンと張っている。大鳶で木を引き下げるだけで簡単に切 れることもあれば、ここでは言えない様々な方法を使い、七転伐倒(八倒)す ることも。時にはヒヤリ・ハットもありつつ、伐倒後に根元と切り離す。残っ た伐根が高い場合は、ブル集材時にキャタピラを外したり、ひっくり返る原因 にならぬよう低く切り直すのも樵の作法の一つ。

 その後は、少しでも丸太の商 品価値を上げるように、一本でも多くなるように色々と工夫しながら採材す る。枝・蔓・胴吹きは丸太を回して総て切り離すが、その枝等で丸太が隠れな いよう、他の立木の伐倒時に邪魔にならない程度に片付けながら、黙々と作業 を繰り返す内に一日が終わる。ふと振り返り、色付いた葉が逆光に浮かび上が っていたり、林床や樹幹に陽が当たり、まるで樹々が両手を広げて背伸びをし ているように見えると、心地良い疲労感と充実感が徐々に湧いてきて、穏やか な幸せ気分に。

 その後、間伐作業には八日半掛かってしまい、日給を下回るこ とに…ガッカリ。で、ここで質問。チェーンソーの燃料タンクを満タンにする と一時間程度、三本の中径木を順調に伐倒して枝を払い、立木一本当たり四、 五本の丸太に玉切りすることができますが、一時間当たり幾らの稼ぎになるで しょうか? (正解は…)

 

<< 前の号へ     ▲コラムトップへ     次の号へ>>