絶海の孤島問題

(あらまきよしお  作家・荒巻山林山主)

第3回 番外編 異常気候

 一夜明けたら晩秋になっていたという感じだが、それにしても今年は暑かっ た。終戦の日の暑さをはっきりと記憶しているが、その比ではない。
来年はどうだろうか。猛暑と厳冬、短い春と秋という新たな気象パターン が、これからはじまるような気がしてならない。
拠はある。グリーンランド沖で北大西洋海流が冷やされ、海水から氷山が できる過程で、塩分が濃縮されるため、海水の密度が重くなる。これが、あた かも滝のように深海に沈み、南北米大陸東縁を南下、さらに南極大陸ぞいに深 海流となってゆっくり移動するうちにさらに冷却される。やがて、これが、印度洋、太平洋で海面へ上昇するのだ。その結果、地球の全大洋に連動する海流の大循環がおこり、撹拌されているらしいのだ。もし、これが止まったらどうなるか。撹拌されない風呂のように表面だけ温度が上がる。
以前は、グリーンランド沖で二〇〇〇米は下降した密度流が今、五〇〇米も ないらしい。いや、すでにゼロになっているかもしれないのだ。結果的に、高 い海面温度が上昇気流を生み、印度洋ではサイクロンがヒマラヤを越え中国奥 地に豪雨をもたらす。日本では、今年、南方洋上に大きな高気圧が発達、北極 からの冷気の南下を阻んだ。台風が小型化し、少なかったのもこの気圧配置の せいだ。
すでに地球は、この異常なパターンに入ったように思えるが、前例は沢山あ るらしい。
対策はあるだろうか。二酸化炭素排出量を減らす運動も必要だが、森林を増 やす対策も有効らしい。たとえば、アマゾンでは炭素貯留だけでも六〇億〜一 二〇億$の経済価値がある。しかし、アマゾンでは今、大規模伐採が加速的に 進んでいるのだ。
アマゾン地区は〈地球の肺〉である。だが、将来、サバンナになるという説 もある。アマゾンに降る雨は、ブラジル沖で上昇気流が雨雲となり、貿易風で 東の内陸に運ばれ、アンデス山脈にぶつかって雨になる。ところが、最近は、 海水温度が異常に高く、陸に着く前に海上でスコールとなり、アマゾン地区に は熱風が吹き降ろすという。
など、今回は、イースター島問題が、地球規模で始まっている異常気候の話 題になった。いずれ、いや近々、森林保護がますます脚光を浴びる時代になる だろう。同時に身近な問題として、北海道の都市にも集中豪雨被害が起きる可 能性がある。対策が必要である。

 

<< 前の号へ     ▲コラムトップへ     次の号へ>>